睡眠薬のバスパージェネリックの効果と副作用

MENU

睡眠薬のバスパージェネリックの効果と副作用

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

バスパージェネリック
バスパージェネリックはセロトニン作動性抗不安薬でバスパーのジェネリック医薬品になります。安全性が高く、依存、耐性、離脱症状が出にくいのが特徴です。

 

うつ病の症状に効果があるお薬です。主成分はバスパーと同じ『ブスピロン』です。

 

ジェネリック医薬品ですので、バスパーと同様の効果があります。

 

バスパージェネリックとは

不安な気持ちにさせる脳内の神経伝達物質に作用します。

 

脳内物質のドーパミンやアドレナリンは、気持ちを高める神経伝達物質を増やす働きがあるため、不安感などを抑えてくれます。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

バスパージェネリックのメカニズム

バスパージェネリックの主成分『ブスピロン』はセロトニン5-HT1A受容体に作用します。そのため、不安症状を和らげる効果があります。

 

脳内にある中枢神経のセロトニン5-HT1A受容体に作用すると、高揚感などを抑制させることができます。

 

バスパージェネリックは、不眠症やうつ病などに有効な治療薬です。

 

うつ病の治療薬として、短期的に使うことがあります。うつ病の症状が改善されるのに2週間かかることもあります。

 

バスパージェネリックと他の抗不安薬

バスパージェネリックは非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬になります。不眠症やうつ病などに有効な治療薬と言われております。

 

バスパージェネリックの特徴は副作用が出にくいことです。他の抗不安薬のパキシルは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。

 

抗うつや抗不安作用のある治療薬です。パキシルの副作用は、頭痛・めまい・腹痛などが起こることがあります。

 

また、パキシルの服用を止めたときに離脱症状を起こしやすいです。そのため、パキシルの服用を止めるときは医師などに相談してください。

 

バスパージェネリックとパキシルは抗うつや抗不安作用に効果があります。大きな違いは副作用の症状です。

 

バスパージェネリックとパキシルを比べるとバスパージェネリックは副作用が少ないです。ですが、服用する際には、用法・用量を正しく使用してください

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

バスパージェネリックと飲み合わせが良くない薬

他の抗うつ剤、抗精神病薬、鎮静抗ヒスタミン剤、ジルチアゼム、エリスロマイシン、イトラコナゾールなどと一緒に服用してしまうと薬の効果が強くなってしまうことがあります。

 

また、アルコールとの併用も薬の効果が強く出てしまいます。

 

バスパージェネリックの副作用は比較的軽いですが、お薬なので副作用はあります。

 

眠気、頭痛、胃痛、嘔吐、動悸などの症状があらわれることがあります。

 

また、妊娠中、授乳中の方、腎臓疾患の方、肝臓疾患の方は服用することはできません。

 

バスパージェネリックの詳細はこちらから

 

睡眠薬ランキングはこちら