睡眠薬のデパスの効果と副作用

MENU

睡眠薬のデパスの効果と副作用

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

デパスとは?

 

デパスは1984年に販売が開始された「抗不安薬」と呼ばれるお薬で、一般的に精神安定剤や安定剤と呼ばれているお薬です。

 

デパスの特徴としては、強力な抗不安作用や筋肉を弛緩させる作用があります。

 

抗不安薬と言われるカテゴリーの中でも、おそらく日本で1番処方されていると言われているお薬です。

 

強力な作用がある反面、依存性や副作用があるお薬なので服用には注意が必要となります。

 

デパスが処方されるケース

デパスは
・不安
・焦り
・抑うつ
などに関連する精神症状を和らげるための作用をもつお薬で、鎮静作用や筋弛緩作用、催眠作用などが効果として挙げられます。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

実際に処方される症状で言えば
・神経症状
・心身症
・自律神経失調症
・更年期障害
・うつ症状
・精神的な不安や緊張、焦燥
などによく処方されます。

 

また、大きな手術前後や麻酔をする前の事前の処置などにも使用されます。

 

デパスの主成分「エチゾラム」の作用

不安を感じたり、居ても立ってもいられない気持ちになってしまう、などの症状そのものは脳で感じています。

 

では何故不安などのマイナス要素を感じるかというと、脳内の働きが活発になりすぎている事で不安を感じたり、やる気が何も起こらなくなってしまったりという症状を発症してしまうのです。

 

このことから、お薬の作用によって活発な脳の働きを鎮め、不安を取り除く作用があるのがデパス(エチゾラム)の作用です。

 

脳の働きを抑える受容体で「ベンゾジアゼピン受容体」と呼ばれる組織があります。

 

ベンゾジアゼピン受容体の働きを活性化させることにより、脳内にCL-が流れ込んできます。

 

このCL-は脳の異常な働きを抑制する作用があり、流入量が増加することにより不安障害を改善させる作用があります。

 

デパスの主成分エチゾラムは、このベンゾジアゼピン受容体を活性化させる作用があるお薬なので、不安や抑うつに効果があるのです。

 

デパスの副作用と注意点

デパスは精神的な不安やうつ状態を改善する効果のあるお薬ですが効果が高い分、副作用や注意点もあります。

 

デパス服用により報告がある副作用に関して一般的な症状は
・眠気
・脱力感
・倦怠感
・発疹
・ふらつき
・注意力低下
などがあります。

 

また、デパスには少なからず依存性があり
・不眠症状
・不安
・薬がないとそわそわしてしまうなどの報告があります。

 

デパス服用の際に注意しなければならないことは、医師の指示に従い服用する量を守ることが重要です。

 

依存性に関しては、服用期間や服用量が深く関わってきますので、ご自身の状態に合わせて服用するようにすればある程度の依存は防ぐことができると言われています。

 

その他、持病がありほかのお薬との併用に関しても、必ず医師に相談するようにしましょう。

 

デパスの詳細はこちらから

 

睡眠薬ランキングはこちら