睡眠薬のエチラームの効果と副作用

MENU

睡眠薬のエチラームの効果と副作用

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

エチラームとは
デパスのジェネリック医薬品がエチラームになります。

 

エチラームの主成分はデパスと同じエチゾラムです。

 

エチラームは日本での認可を受けておりませんで、病院などでも処方されることはありません。

 

そのため、エチラームを手に入れるには個人輸入代行サイトを利用する必要があります。個人輸入で購入する場合は、処方せんが不要というメリットがあるので、病院に行く手間が省けます。

 

※2016年10月にエチゾラムを含むデパスやエチラームなどの医薬品は輸入禁止になっております。

 

デパスとエチラームの違い

デパスは日本の製薬会社が開発・販売しております。

 

エチラームはインドのインスターファーマ社が開発・販売しております。

 

錠剤の色も異なります。

 

デパスは白い錠剤で、エチラームは青い錠剤です。

 

エチラームはデパスのジェネリック医薬品なので、多少の違いはありますが、基本的に効果や副作用は同じになります。

 

また、個人差はあると思いますが、デパスとエチラームの作用などに違いがあるという方もいます。

 

エチラームの効果

エチラームは精神を安定させる作用や睡眠を促す作用があるお薬です。うつ病が原因で起こる不安感や緊張感に効果があります。

 

エチラームは短期型の抗不安薬に分類されています。薬効時間は約3時間と言われています。

 

また、エチラームは効果があらわれるまで早いのが特徴です。エチラームはデパスより作用効果が強いと言われております。

 

副作用も起きにくいので、安全性も高いので人気があります。他の抗不安薬と比べると倦怠感などは起こりづらくなっています。

 

ですが、長期的にエチラームを服用している場合は、依存しやすくなってしまいます。

 

他にも、エチラームは睡眠誘導剤としても使用されるケースがあり、朝はすっきりと起きられます。

 

エチラームは効果があらわれる時間が早く、緊張した状態をすぐに改善させることができるので、眠れないときの睡眠を促してくれます。

 

エチラームは症状によって服用量が異なります。

 

そのため、エチラームを服用するときは、使用方法に注意が必要です。

 

エチラームを使用して、稀にふらつき・歩行困難・眠気といった症状があらわれることがあります。

 

眠気が起こる可能性があるため、服用時の車の運転などは避けてください。

 

エチラームには舌下錠もあります。

 

舌下錠のメリットは即効性に期待できる水なしで服用できる

 

舌下錠は錠剤を噛み砕いて、口内粘膜から吸収します。そのため、即効性があります。

 

エチラームの詳細はこちらから

 

睡眠薬ランキングはこちら