睡眠薬のエチゾラムの効果と副作用

MENU

睡眠薬のエチゾラムの効果と副作用

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

エチゾラムとは?

 

エチゾラムは、1984年に発売されたチエノジアゼピン系抗不安薬「デパス」のジェネリック医薬品です。

 

エチゾラムは精神安定剤に分類され、主に不安を和らげる効果や睡眠薬として処方されることが多いお薬です。

 

また、うつ病や統合失調症などの治療にも使用され、日本国内でもっとも多く処方されている抗不安薬です。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

エチゾラムを処方されるケース

エチゾラムを処方される方の症状は、不安や緊張、抑うつ、睡眠障害、けい椎症、神経衰弱症状、心身症、自律神経失調症、更年期障害などが挙げられます。

 

また、手術前の麻酔を施す前の不安や緊張を緩和するために投与される場合もあります。

 

エチゾラムを服用することにより得られる効果はかなり期待できますがその反面、依存性があり、副作用にも注意が必要といったお薬になります。

 

エチゾラムの作用

人間は脳で不安を感じていますが、この不安症状を緩和するためには、脳そのものに働きかける必要があります。

 

脳が活発に働きすぎていることが原因となり、不安を感じ精神的に不安定な状況に陥ってしまうことを防ぐためには、脳の活発な働きを抑制することが必要になります。

 

脳内には、ベンゾジアゼピンという受容体があり、この受容体が活性化すると脳の過剰な働きを抑制する「Cl-イオン」が流れ出します。

 

このCl-イオンが流れ込むことにより、脳内の活発な動きを鎮静化させ、脳の神経細胞の活動を抑える働きをします。
この作用からエチゾラムは
・抗不安作用
・筋弛緩作用
・抗けいれん作用
・催眠作用
があるとされています。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

エチゾラム服用の際の副作用・注意点は?

 

エチゾラムを服用することで報告されている副作用や注意点についてですが、頻度が高いもので言えば、眠気や倦怠感、ふらつきなどです。

 

睡眠薬のような作用も併せ持っているため、眠気に関しては仕方がないことかとは思いますが、これらが強く出過ぎてしまうと注意が必要です。

 

特に足腰の弱った高齢者の方に関しては、周りの方々がしっかり見てあげることが必要となります。

 

また飲み合わせについてですが、別の安定剤や抗うつ剤などと同時に服用してしまうと、お薬の効果が強く出てしまったり、強い副作用が出てしまう恐れがありますので、必ずかかりつけの医師に相談する必要があります。

 

アルコールとの同時摂取も効果を強めてしまう可能性があるため同様の注意が必要です。
主な副作用は
・眠気
・ふらつき
・倦怠感
・脱力感
・集中力低下
・めまい
などが挙げられます。

 

またエチゾラムなどの抗不安薬は依存性があるお薬なので、服薬期間や服用量を守り医師などと相談しながら服用するようにして下さい。

 

エチゾラムの詳細はこちらから

 

睡眠薬ランキングはこちら