睡眠薬が効かない?効かなくなる原因

MENU

睡眠薬が効かない?効かなくなる原因

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

睡眠薬が効かない
不眠症の治療で最初に思いつくのは睡眠薬だと思います。通常は、医師が不眠の症状を診断して、睡眠薬を処方してくれます。

 

医師の指示に従い容量や用法通り服用していれば、しっかりとした睡眠ができます。

 

ですが、睡眠薬にも副作用が出てしまうこともあります。また、睡眠薬が効かない・効きにくい不眠症などもあります。

 

睡眠薬が、効かない、効きにくいなどには原因があります。

 

眠りが浅い熟眠障害
寝付きは悪くなく、睡眠時間をしっかりとっていても、朝起きるとしっかりと寝た気がしなく、仕事中などに倦怠感が起こる熟眠障害のケースでは、睡眠薬が効きにくい、効かないことが多いというデータがあります。

 

熟眠障害とは
眠むれないわけではなく、浅い睡眠状態が続くことで起こる症状です。睡眠薬とは、眠れないときに効果があるため、熟眠障害にはあまり効果かないと言われています。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

睡眠薬の種類が合わない
不眠症には、寝付きが悪い入眠困難タイプ、寝ているときに何度も目が覚める中途覚醒タイプ、朝早くに目が覚めてしまう早朝覚醒タイプなどの症状があります。

 

睡眠薬も持続時間の効果によってタイプが分類されています。超短期型、短期型、中間型、長時間型などがあります。

 

使用については、寝付きが悪い入眠困難タイプに効果があるのは、超短期型や短期型の睡眠薬です。

 

寝ているときに何回も目が覚める症状の中途覚醒タイプの人には長期型などが有効です。そのため、自分がどの不眠症のタイプに分類されているかで、使用する睡眠薬が異なります。

 

睡眠薬の種類によって、効果が変わりますので自分がどのタイプの睡眠障害なのかを分かる必要があります。

 

病院で医師の診断が自分のタイプと違う診断をされると、効果を得られない睡眠薬を処方されてしまうとも多々あります。

 

そのような場合は、睡眠障害が改善されないことがあります。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

睡眠薬の服用量
同じ睡眠薬を長期間服用している場合、身体に耐性ができはじめます。耐性ができてしまうと薬の効果が効きにくくなることがあります。

 

最近の睡眠薬は、耐性がつきにくいとは言われています。しかし、長期的に服用していると、身体が薬に慣れてしまうのです。

 

そのため、薬が効かない、効きづらいなどの理由で服用する量を増やさないでください。薬が効かない、効きづらい場合は、必ず医師に相談して、服用量を増やすのか、薬を変更するかを決めてください。

 

更年期障害と不眠症

女性の不眠症の原因の1つに更年期障害があります。

 

更年期障害の症状は人によって症状にばらつきがあり。まったく症状があらわれない人もいれば、私生活に支障をきたす人もいます。

 

更年期障害の症状で不眠に悩む人も多く、原因は頭痛、腰痛、めまいなどで眠むれなくなってしまいます。

 

女性ホルモンのバランスが乱れると更年期障害が起こってしまいます。

 

更年期障害が原因で眠むれない場合は睡眠薬を服用するのではなく、更年期障害を改善することで不眠の症状も治まります。

 

睡眠薬ランキングはこちら