睡眠薬の依存性と依存する原因

MENU

睡眠薬の依存性と依存する原因

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

睡眠薬の依存性
睡眠薬には、身体依存や精神依存があり、耐性がついてしまうと、薬の効果が得られづらくなります。

 

この点を理解して用法、容量を守っていれば、睡眠薬の依存症になることはありません。

 

身体的依存とは

薬の服用を突然止めた場合は、身体が驚いてしまいます。身体が薬自体に慣れいる状態で、突然服用を止めるとバランスが乱れます。

 

そうなると、身体が睡眠薬を依存してしまうのです。睡眠薬を突然止めると、重い不眠症状や離脱症状が起こってしまうケースがあります。

 

精神依存とは

精神的に薬を頼ってしまうことです。精神的に依存する場合は、薬の効果を強く実感しているとあらわれます。

 

効果が強いほど精神的に依存してしまいます。そうなると、気持ちが睡眠薬を依存してしまうのです。

 

耐性とは

身体が薬に慣れることで効果が得られづらくなります。

 

最初の頃は1錠でも薬の効果が実感できていても、徐々に眠れなくなってしまうことがあります。それは、身体に耐性ができてしまうからです。

 

睡眠薬を服用すると依存性が気になると思いますが、医師の説明を聞き、正しい用法・容量に従っていれば、睡眠薬を依存することはほとんどありません。

 

睡眠薬が依存するケースは、睡眠薬の容量を守らず、大量に服用してしまうと依存してしまいます。

 

身体に耐性ができると睡眠薬が効きづらくなり、徐々に服用量が増えるからです。

 

睡眠薬によって依存の仕方が異なります。もちろん、睡眠効果が強いほど依存しやすいです。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

ルネスタなどの非ベンゾジアゼピン系は依存しづらいと言われています。また、近年は依存性のない睡眠薬が研究、開発が行われています。

 

医師の診断を受けた際には、ベンゾジアゼピン系睡眠薬と非ベンゾジアゼピン系睡眠薬が多く処方されています。

 

睡眠効果が強いと、効果の実感が強く得られます。

 

そのため、精神的に依存しやすくなり、身体から睡眠薬の作用時間がなくなった時の変化も大きくなります。

 

睡眠薬依存を防ぐには

依存性の少ない非ベンゾジアゼピン系睡眠薬を使用することです。

 

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系睡眠薬で、病院で処方されることが多くです。

 

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の依存についての臨床データでは、ルネスタを1年間服用して、耐性があられなかったというデータがあります。

 

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、作用が強くないことと作用時間の短いからだと言われています。

 

また、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は作用時間が短いタイプのことです。

 

ルネスタなどの非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、入眠障害に効果を発揮する睡眠薬です。

 

睡眠薬ランキングはこちら