睡眠薬の致死量

MENU

睡眠薬の致死量

睡眠薬の致死量

 

睡眠薬を致死量服用すると死に至る可能性があります。しかし、死に至る可能性は非常に低いです。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

過去に使用されていた睡眠薬と、現在処方されている睡眠薬はタイプが異なります。過去に使用されていた睡眠薬を大量に服用することは命に関わりました。

 

現在処方されている睡眠薬は、致死量を服用しても死に至ることはないと言われています。

 

また、現在処方されている睡眠薬は大量に服用すると嘔吐する成分が含まれております。そのため、大量に服用すること自体ができません。

 

ですので、過去に使用されていた睡眠薬を大量に服用しない限り死に至ることはありません。

 

現在処方されている睡眠薬は安全に改良されているのです。

 

しかし、死に至らないからといって、大量に服用してしまうと後遺症が出ることもあります。

 

後遺症の一例では手足が思うように動かせなくなる、言葉が出づらくなる、記憶ができなるなどがあります。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

過去に使用されていた睡眠薬『バルビツール酸系睡眠薬』
1900年代の前半に使用されていた睡眠薬がバルビツール酸系睡眠薬です。

 

バルビツール酸系睡眠薬は、服用量を間違えると死に至る危険な睡眠薬です。

 

バルビツール酸系睡眠薬は、通常の5~10倍ほどで死に至る可能性があるので服用時は注意が必要です。

 

バルビツール酸系睡眠薬は安全性が低い睡眠薬で、服用量を間違えると死に至ることもあるため、睡眠薬を服用することに抵抗のある人も多いです。

 

現在では、さまざまな研究・開発がされているので、バルビツール酸系睡眠薬を処方することはほとんどありません。

 

バルビツール酸系睡眠薬は効果が強力です。そのため、大量に服用することで、脳の機能を一気に低下させてしまいます。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

薬の影響で、中脳が抑制されると意識が失われてしまいます。また、延髄が抑制されると命に関わります。

 

延髄には、呼吸中枢や血管運動中枢があり、延髄が抑制されてしまうと、呼吸を止めてしまいます。

 

睡眠薬を大量に服用して死に至るケースでは、呼吸抑制が原因になっていることが多いです。

 

家族やパートナーが睡眠薬を大量に服用してしまった場合は、バルビツール酸系睡眠薬以外では、横を向かせて寝かせてください。

 

他の薬と一緒に大量に服用していたら救急車を呼んで対応をしてください。

 

市販の睡眠薬の場合は死に至る可能性はさらに低いです。

 

ですが、市販の睡眠薬は病院で処方される睡眠薬とは違い、処方せんが不要で買いたいときに薬局で買うことができます。

 

大量に服用しても死に至ることはありませんが、何かしらの副作用が強く出てしまう可能性があります。

 

睡眠薬ランキングはこちら