睡眠薬と酒

MENU

睡眠薬と酒

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

睡眠薬とお酒
お酒には睡眠作用があリます。お酒と睡眠薬を一緒に使うと、より睡眠効果が上がります。

 

ですが、お酒と睡眠薬を一緒に使っている人は、睡眠薬だけでは効果が得られない場合もあります。また、併用することで、副作用が強く出てしまうこともあります。

 

眠れないときに、お酒の力を使って寝る人も多いと思います。お酒は適量であれば、眠りを促す効果があります。

 

しかし、寝酒を長期間続けると睡眠薬と同様に耐性ができます。耐性ができているのに気が付かず、深酒してしまうケースもあります。

 

寝酒で眠れなくなってしまった場合は、睡眠薬を使うのが効率的です。お酒と比べれば、睡眠薬の方が睡眠効果は当然高いです。

 

ですが、問題が一つあります。

 

寝酒をやめて睡眠薬に変えることは困難なケースが多いのです。

 

長期間にわたり、寝酒を続けていると、アルコール依存になっていることがあります。

 

ですので、寝酒から睡眠薬に変えようとしてもお酒をやめられなく、お酒と睡眠薬を一緒に使っている人が多いのが現状です。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

お酒と睡眠薬の併用について
病院で診断され処方される際に、お酒との併用の説明を受けます。

 

基本的には、睡眠薬とお酒を一緒に飲まない方が良いという説明を受けます。

 

睡眠薬とお酒を一緒に飲んでしまうと、精神機能や運動機能などの低下が起こる可能性があります。

 

ですが、睡眠薬とお酒を一緒に使うことは禁止はされていません。そのため、なるべく睡眠薬とお酒を一緒に飲まないようにしたほうが良いです。

 

睡眠薬とお酒を一緒に飲んでしまうと、睡眠薬の効果が強く出てしまうことや、お酒の影響で効果を感じられないこともあります。

 

睡眠薬とお酒を一緒に飲んでしまって、睡眠薬の効果が強く出てしまった場合は、次の日まで作用が続くこともあります。

 

睡眠薬とお酒には似たような作用があります。似たような作用とは、脳の働きを抑制させることです。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

脳の働きが抑制させると眠くなりはじめます。両者を同時に使用すると相乗効果が起きて、睡眠作用が増強されてしまいます。

 

睡眠薬とお酒を一緒に飲むと、睡眠効果が強く出て、深い眠りに入ることもできます。

 

使い方によっては、より効果を得られますが、中間型、長時間型などを服用していると、睡眠薬が体内に残ってしまいます。

 

朝起きたときに薬の効果が残っているので、副作用と同じ症状の倦怠感などが起こってしまいます。

 

お酒の影響で効果を感じられないケースでは、何度も目が覚めてしまう事があります。原因は、体内でお酒が分解されると「アセトアルデヒド」という物質が作られるからです。

 

アセトアルデヒドは脳を覚醒させる働きがあるため、寝酒をしたときに眠りが浅いと感じる人は、アセトアルデヒドが覚醒しているからです。

 

ですので、眠りが浅いと感じる人は、お酒と睡眠薬を一緒に使わないようにすることが、快適な眠りへとつながります。

 

睡眠薬ランキングはこちら