うつ病に効果的な睡眠薬

MENU

うつ病に効果的な睡眠薬

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

うつ病に効果的な睡眠薬
睡眠障害とうつ病はお互いに関連していると言われています。

 

海外では、うつ病で不眠に悩まされている方に抗うつ剤と一緒に睡眠薬を処方される場合があり、抗うつ薬と睡眠薬を同時投与することで、うつ病の治りが早くなると報告されています。

 

睡眠障害はうつ病の症状の中でも非常に多く、患者さんの約9割の方が悩まされています。そのうちの9割は不眠で、残りの1割が過眠です。

 

うつ病に伴う不眠で有名なのは「早期覚醒」ですが、「入眠障害」や「中途覚醒」も多く見られます。一方で、「非定型うつ病」「季節性うつ病」では過眠を伴うと言われています。

 

長引く不眠や過眠がある場合、うつ病が潜んでないか診察してもらい、疑いがあれば適切な治療が必要になります。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

うつ病が原因で不眠になった場合の睡眠薬は?
上記でもご説明したとおり、うつ病患者さんの不眠は初期の段階で発症することが多くみられ、早期覚醒、中途覚醒などの不眠症状が出る場合があります。

 

この症状を解消するため、うつ病患者の方に睡眠薬が処方されることは珍しいことではありません。

 

睡眠薬が医師の診察によって処方される場合、中間作用型のお薬、あるいは長時間作用型のお薬を選択することが多く、この種類のお薬を服用することで、早期覚醒や中途覚醒の症状を抑制するように促します。

 

また、鎮静作用のあるお薬を処方されるケースもあり、抗うつ剤の中でも鎮静作用が強いお薬を選択することもあります。

 

実際に処方されているお薬は

・ロヒプノ一ル
このお薬は中間作用型で、最大の特徴は催眠作用の強さにあります。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の中でも効果が強く、眠らせるということに特化しているお薬です。

 

・ハルシオン
ハルシオンは即効性に優れ、効果が強めの睡眠薬です。うつが原因で寝つきが悪く眠れない方に処方される場合があります。

 

・アモバン
この睡眠薬もハルシオンと同じ超短時間型に分類されていて入眠できない方に処方されることがあります。効果が表れる時間も早く即効性があるのですが、よくある副作用として口の中の苦みが挙げられます。

 

・レンドルミン
人間がとるべき睡眠時間は8時間といわれていますが、レンドルミンの効果が持続する作用時間は7時間程度とちょうどいい作用時間が特徴です。
副作用も他と比べ少ないと言われています。

 

このように様々な睡眠薬がうつの治療薬と同時に処方されていますが、ここでご紹介したお薬はごく一部になります。

 

寝つきが悪く不眠の症状に悩まされている場合は、治療の選択肢の1つとしてかかりつけの医師にご相談するのがいいと思います。

 

またお薬を服用する際は、用法・容量を守りきちんと服用するようにしましょう。

 

睡眠薬ランキングはこちら