睡眠薬のロゼレムの効果と副作用

MENU

睡眠薬のロゼレムの効果と副作用

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

ロゼレム
ロゼレムは今までにない新しいタイプの睡眠薬です。

 

日本で使用されている睡眠薬はさまざまありますが、病院などで多く処方されているのがベンゾジアゼピン系の睡眠薬になります。

 

従来の睡眠薬の作用は、睡眠を促す効果がありますが、睡眠のリズムを整える作用はありませんでした。

 

ですが、2010年に睡眠のリズムに重要な「体内時計」に作用する新しいタイプの睡眠薬が開発されました。それが『ロゼレム』です。

 

ロゼレムの効果

ロゼレムは自然な眠りを促す作用のある新しいタイプの睡眠薬です。

 

ロゼレムの効果は、睡眠ホルモンのメラトニンと同様の働きをしてくれます。メラトニンは脳内で分泌される物質です。

 

メラトニンの効果は、副交感神経を優位する働きをすることで、リラックスさせる効果があります。

 

リラックス状態を作ってくれるので、眠りにつきやすくなります。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

ですが、メラトニンの分泌が乱れると、寝付きが悪くなったり、睡眠時間が短くなったり、いつも寝ている時間に寝れなくなったりします。

 

このような症状が起こるとメラトニンと同じような働きをするロゼレムを服用することで改善されます。

 

ロゼレムの作用が自然な眠りへと促してくれるのです。ロゼレムは今までの睡眠薬より効果は強くありません。

 

また、ロゼレムは不安感やイライラなどが原因で起こる不眠症にはあまり効果がないと言われています。

 

そのため、不安感やイライラなどが原因の場合は、抗不安作用効果のある睡眠薬のほうが効果はあります。

 

しかし、体内時計の乱れが原因で起こる睡眠障害にはロゼレムが効果的です。

 

従来の睡眠薬は、30分ほどで効果があらわれますが、ロゼレムは効果があらわれるまでに時間がかかってしまいます。

 

このような性質があるので、就寝する2時間前の服用が推奨されています。

 

そのため、従来の睡眠薬のように就寝直前に服用しても即効性はありません。

 

ロゼレムは副作用が出づらく安全性が高い睡眠薬です。

 

ロゼレムの臨床試験での副作用の症状は、頭痛・めまい・のどの痛みなどが報告されておりますが、ほとんどが軽い症状でした。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

従来の睡眠薬で起こりやすい副作用

薬の効果が翌朝まで残る
反跳性不眠
ふらつきが起こる
服用後に記憶がなくなる

 

ロゼレムでは、このような従来の睡眠薬で起こりやすい副作用はあらわれません。そのため、初めての方や高齢の方でも安心して使うことができます。

 

もちろん副作用がまったくあらわれないということはないです。

 

服用する量が多い
体質に合わないなどがあると、睡眠作用が翌日まで残ってしまいます。
睡眠作用が残っていると日中に強い眠気があわわれることもあります。

 

ロゼレムの詳細はこちらから

 

睡眠薬ランキングはこちら