睡眠薬のルネスタジェネリックの効果と副作用

MENU

睡眠薬のルネスタジェネリックの効果と副作用

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

ルネスタジェネリックは、2012年に販売が開始された睡眠薬「ルネスタ」のジェネリック医薬品です。

 

ルネスタジェネリックは非ベンゾジアゼピン系に属した睡眠薬で、アモバンを元に改良を加えたお薬なっており、効果はとても似ていますが、副作用でよく言われていた苦味が軽減された作りになっています。

 

睡眠作用には大きく分類すると4種類あり
・超短時間型
・短時間型
・中時間型
・長時間型
と分けることができます。

 

ルネスタジェネリックはこの中でも「超短時間型」に分類され、最高濃度到達時間が短いお薬のため服用後30分ほどで効果が現れる特徴があります。

 

そのため、病院などで処方される場合、寝る準備が全て整った状態で投与することなどの指示を出される場合があります。

 

ルネスタと同じ即効性がある同系統のお薬で言えば
・マイスリー
・アモバン
などが挙げられます。

 

この超短時間型のお薬の特徴を一言で表しますと、短時間で効果はあるが効き目が3時間ほどで効果が切れてしまうというところです。

 

逆にゆっくり睡眠を取りたい場合は、サイレースやロヒプノール、デパスなどを処方されるため、主に寝付きが悪い方に向けて処方されるお薬です。

 

ルネスタジェネリックを処方される方は?

睡眠障害には大きく分けると4種類のタイプがあり
・ベッドに入っても全く寝付けないことが多い「入眠障害」
・寝付けないことはないが寝てる途中で目が覚めてしまう「中途覚醒」
・起きないといけない時間に起きることができない「早朝覚醒」
・眠りが浅く寝た感じが全く得られない「熟眠障害」
が挙げられます。

 

これらの症状の中でルネスタジェネリックが効果的なのは、寝付きが悪い「入眠障害」の方です。

 

超短時間型のルネスタジェネリックは、自然に入眠するような形で眠りを誘うため、入眠障害の方によく処方されます。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

ルネスタジェネリックの副作用と注意点

ルネスタジェネリックはアモバンと比べ副作用は出にくいとされていますが、注意する必要があります。

 

副作用の中でもよくみられる症状では、口の中の苦味です。

 

アモバンよりも苦味は感じにくいように改良はされていますが、個人差はあるものの、一番多く見受けられます。

 

重大な副作用としては
・ショック症状
・アナフィラキシー症状
・依存性
・肝機能障害
・精神症状
・朦朧とした状態
などが挙げられます。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

ルネスタジェネリック服用の際の注意点

・用法用量を必ず守り投与すること
睡眠薬は間違った使用をすると重大な副作用が出る可能性があるため用法用量は必ず守るようにして下さい。

 

・服用は寝る直前に
ルネスタジェネリックの効果が現れる時間が短いため、就寝直前に服用するようにします。入眠するまでの記憶を覚えていないなどの中途覚醒が現れることがあります。

 

・高齢者の方の服用は控える
ルネスタジェネリックには筋肉を弛緩させる作用が比較的弱い作りにはなっていますが、万が一ふらつきが出てしまったときのために注意して服用する必要があります。

 

・妊娠中の妊婦や授乳中の服用
妊婦の方の服用は安全性が確立されていないため服用には十分注意しましょう。

 

ルネスタジェネリックの詳細はこちらから

 

睡眠薬ランキングはこちら